本サイトはプロモーションが含まれています

ハンディクレープメーカーは家で簡単にクレープを作る機械|作り方のコツは?

2024年2月27日食べ物で遊ぶ

クレープメーカー

子供をお持ちのママさん、クレープを簡単に作れたらいいなと思いませんか?

以前、トイザらスに行ったら、簡単にクレープを作れる道具がありました。

この生地では、簡単なハンディクレープメーカーについて書きたいと思います。

この記事で分かること

  • トイザらスにクレープ作りのおもちゃが
  • クレープメーカーで作るときのコツ
  • 子どもとクレープを作って遊べる
この記事を書いた人
まーじ
まーじ

2018年11月生まれの女の子を育てています。
子育て、子供の勉強をもっと楽しくする方法について日々考えて発信しています。
お役に立てれば幸いです。

クレープを作ると厚くなる

クレープパーティーの記事もこのブログにはあります。

このときは普通にフライパンで作るやりかたでしたが、家庭にはなかなかクレープショップで見かけるような生地をのばす系の道具はありませんので、若干分厚くなってしまいます。

こういうやつですね。

まぁ、これ買えば薄くできるじゃんと言われればそれまでなんですが、私は、クレープをもっと簡単に作りたいと思っていました。

トイザらスのおもちゃ「クレープメーカー」


で、トイザらスでこんなおもちゃを見かけたんです。

※トイザらスのやつが見つからなかったので同じような商品にリンクしています。

ただ鉄板の上に生地を流すのではない、変わった作り方をするクレープメーカーです。

作ってみたので詳しく書きます。

クレープメーカーはこんな感じ

クレープメーカー


クレープメーカーはこんな外観。

「プレートにそのまま生地をつけて焼くので薄い厚みのクレープが簡単に作れます♪」

と書いてあります。

まーじ
まーじ

何それおもしろい…

クレープメーカー


開封するとこんな感じ。

右側が本体、左の白い丸が生地を入れておいて本体を突っ込むためのトレーです。

クレープメーカーで作ってみる

とにかく作ってみましょう。

今回は、めんどくさいので取扱説明書に書いてあったホットケーキミックスを使うレシピで作ります。

ホットケーキミックスを使わないレシピは、先ほど紹介したこのページに書いてありますので、参考になれば。

生地をトレーに

ホットケーキミックスを使うと生地は一瞬でできるので、トレーに流し込みます。

量はトレーの高さの半分くらいにしないとこぼれるそうです。

本体は、コンセントをさすだけで強制的に電源オン。

赤いランプがつきます。

で、ランプが消えたら十分な温度になっているので、いよいよ生地の中に突っ込みます。

クレープを焼く

クレープメーカー

ジュー。

10秒くらいこの状態で待てとのことでしたが、もうちょっと長めの方がうまくいくようです。

最初うまくできなくて失敗

クレープメーカー

1枚目から3枚目は失敗してしまいこんな感じになってしまいました。

敗因は、私がせっかちすぎてしっかり温まるまで待てなかったこと。

あと、最初はランプが消えていても熱くなりきっていないようです。しっかりあたためましょう。

やっと成功

クレープメーカー

4枚目ちょっと穴が空きましたし、今度はちょっと焼きすぎですが、まぁ成功としましょう。

簡単ではあるけれども、ちょっと慣れが必要な感じはします。

クレープメーカーで作るコツ

初めて作ってみて、こうしたほうがいいなと思ったところを書きます。

  • 生地につっこんだ状態で15秒くらい
  • 生地から本体を上げるときは垂直に上げ、下に向けた状態のままで余分な生地は落とす
  • 逆さにして40秒くらいは置いておく

こうするときれいにできました。裏返して焼く必要はありません。

ミルクレープにしました

クレープメーカー

1枚ずつ生クリームを塗り、ミルクレープにしました

クレープメーカー

失敗した生地もおいしくいただきました。

慣れればフライパンで作るよりはずっと簡単でした。

洗い方ですが、本体水洗いはできないので、ぬれぶきんで水拭きしたあと乾いたふきんで水気を拭き取ります。

注意すべき点は、最初の一枚を焼く前に油を塗り忘れやすいということですかね(やりました…)

娘が大きくなれば、もっと楽しく作れると思います。

お子さんとお菓子を楽しく作れるアイテムです。興味があったら是非。

子供でもお菓子作りが簡単にできるクラシエの知育菓子について書いた記事まとめです

バケツプリンのような巨大プリンの作り方です

ブログ村に参加しています。よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

食べ物で遊ぶ

Posted by まーじ